副業でなにする!?ストックビジネスの真実!

収入の足りない方や働き方改革で余裕の出来た時間の使い道が決められない方へ副業を決めるための情報を提供いたします。

コロナを乗り切る 家賃支援給付金について

給付金とは

国や自治体の政策などにより、支給されるお金になります。

似たようなものに補助金助成金などがありますが、なかでも給付金が支給ハードルが一番低いです。

家賃支援給付金とは事業の売上が、特定の期間、一定額定価しているとその事業を継続するのに必要な賃料を給付してくれる制度になります。

 

使い道

f:id:elenor:20200301010156j:plain

自分の事業で補填

現在手掛けている事業の売り込みが一時的にでも落ち込んでいて、給付対象になるようであれば、自身で給付金への申込をして、給付を受けてください。

法人だけではなく、個人事業も対象になります。

 

入居者などへの提供

入居者が事業をされているのあれば、自分の物件であればその物件の家賃に対して、他に事業をしている場所を借りているのであれば、その支援として、制度を教えてあげましょう。

この給付金の認識率も上がってはいますが、認識されてない方もかなりいますし、ダメージを回避することで、結果的に入居率の低下を防ぐことが可能です。

 

給付対象となる条件

f:id:elenor:20200402111517j:plain

給付を受けるための条件を整理してみましょう。

 

給付対象となる条件

2020年5月~12月までの間に

一ヶ月の売上一年前の同月と比較して50%以上売上減

 もしくは

連続する三か月の売上合計一年前の同期間と比較して30%以上売上減

のどちらかに当てはまれば給付対象となります。

 

 ・一ヶ月の売上が50%減

  2020年5月の売上が   30万円

  2019年5月の売上が   60万円

 

 ・連続する三か月の売上が30%減

  2020年7月~9月の売上合計が  90万円

  2019年7月~9月の売上合計が  130万円

 

申請期間

申請受付開始後 ~ 令和3年1月15日

 

申請額

法人に最大600万円個人事業に最大300万円を一括支給。

細かい条件については、こちらをご覧ください。

https://yachin-shien.go.jp/docs/pdf/pamphlet.pdf

 

さいごに

入居者さん含めコロナ禍を乗り切るために、協力体制で臨むことが大事です。

もし乗り切れることが出来れば、大きな信頼関係を構築することも可能です。

 

また条件が変動になりこともありますので、中小企業庁等のページについてもご連絡しておきます。

こちらのブログでは理解しやすいように大まかな情報だけをまとめましたので、細かい情報なども含めそちらもご覧ください。

 

yachin-shien.go.jp

 

www.jimin.jp