副業でなにする!?ストックビジネスの真実!

収入の足りない方や働き方改革で余裕の出来た時間の使い道が決められない方へ副業を決めるための情報を提供いたします。

ストックビジネス

まず最初にf:id:elenor:20200301011044j:plain

ストックビジネスにも、既に色々な方が実践し、完全にスキームが出来上がっているものと、ストック化出来る兆しがあるもののまだ色々と改良の余地があるものがあります。

では、どのようなビジネスを狙っていくのがいいか。 その人それぞれ、ストックビジネスと一言で言っても、個々のビジネスには違いがあり、そのそれぞれで細かな違いがあり、当然好みも分かれるとことだと思います。

自分の好きなものをやるスタンスで問題は無いのですが、あえてオススメのやり方としては、色々なビジネスをバランスよく組み合わせていくスタンスをオススメします。

また、初期では不動産賃貸業(不動産投資)のような、完成されたスキームのビジネスから入っていき、徐々に利回りの高い、まだ開拓、改良の余地のあるビジネスを手掛けいくことをオススメします。

そうは言っても

1つのことをトコトン突き詰めろ、とよく言われますが、これはこれで非常にその通り、可能である限り是非1つのことに精通した方がノウハウもたまりますし、やはり十分な準備をしても見落とし考慮不足等があり、その対策を何度も実施するからこそ、次によりよいいい結果に結びつくものです。

最初からパーフェクトに行かなくても、徐々に軌道修正すればよく、逆に言えば念頭に置かないといけないのは

 軌道修正し切れないほど、大打撃を食うリスク

を取らないことが大事だと言えます。

こう言うと、先程は色んなものをバランスよくと言っていたのに、言ってることがおかしいじゃないかと指摘を受けそうですが、ちゃんとそこには理由があります。

f:id:elenor:20200308094359j:plain

不動産賃貸業のメリットとは

既に本業があり、ある程度の収入がある方は収益向け不動産を1〜2棟買うことはそれ程難しくありません(当然、規模等にもよりますが)。

難しいのはそれ以降も継続的に買い続けること、ここからは実績も必要になったり、1〜2棟目で買った物件の評価も非常に影響してくることにより、格段に難しくなってきます。

詳細は別途書きますが、余程よい買い方をしていかないと、大抵ここで壁に当たります。壁というのが、不動産を購入するとなると基本は銀行から融資を得て購入していく訳ですが、現状の資産評価、信頼性、本業から得られるキャッシュなどなどをベースに銀行が評価をしていくと、これ以上この人に貸すと危険だ判断されるラインにあたっていきます。銀行によって、その評価も変わってくるのですが、大体2棟目あたりでそのライン近くに到達するケースが多いです。

ですが、逆に言えば1〜2棟目は、それ以降と比較すれば格段に容易に購入出来、また不動産賃貸業自体入居付が余程難しい物件を選択しなければ、管理会社へ委託することで、最小限の労力である程度のCFを入手することがかのうです。

それ以降は

不動産賃貸業のCFで得た資金を蓄えつつ(すぐ使い込んではいけません)、次の不動産を購入する機会を伺いながら、次の事業を虎視眈々と狙っていくスタンスを取っていきます。 次に不動産賃貸業で得たキャッシュを元手に、融資無しで実効出来る事業への参入を目指していきます。